とうもんの会

とうもんの会

農作業とうもんの里は、旧福田町、旧浅羽町、旧大須賀町に広がる田園地域のことを言います。
NPO法人とうもんの会は、とうもんの里総合案内所を拠点として、地域を訪れる方々や地域に住む方々に、地域で営まれる農業や農村文化の情報発信、体験交流に関する事業を行い、住む人が誇りを持ち、来る人との心豊かなふれあいを創造していくことを目的に作られました。

  • 農村の良さを伝えたい。
  • 農業の面白さを伝えたい。
  • 食の大切さを伝えたい。
  • とうもんの里を守り伝えたい。

そんな想いで活動を行っています。

農業者以外の方達にも、地元にある農業と、農業によって育まれる景観・文化など見つめなおしていただける場所になればと思っています。

夕日【とうもん】【稲面】【田面】
みどりの風が吹きわたる夏・赤とんぼの群れと秋の夕日。そこには一面の田んぼがありました。日本人の心にある風景・それがとうもん(稲面・田面)です。


NPO法人とうもんの会の活動

平成19年4月1日とうもんの里総合案内所オープン
平成21年6月6日   10万人の入館者達成!
平成23年11月26日  30万人の入館者達成!
平成26年1月18日   50万人の入館者達成
平成19年度第20回県都市景観賞 
  「ふるさとしずおか部門」優秀賞受賞
平成19年度第3回県協働による農山村づくり
  「都市と農山村協働部門」最優秀賞受賞
平成20年度農業農村整備優良地区コンクール
  「農村振興部門」農林水産大臣賞受賞
平成24年度 農林水産祭「むらづくり部門」
 内閣総理大臣賞・農林水産大臣賞受賞
平成25年度 第1回食と農林漁業の食育
   優良活動表彰 農林水産大臣賞受賞

平成26年度 会員数40名  直売生産者300名 年間来館者 98,000人

コメントは受け付けていません。